瀬間亜理砂バレエ教室のブログ

⑩カンブレ

バレエ教師が伝えたい バレエのレッスン疑問点 no.73

 

バーレッスンの流れ

 

⑩カンブレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*カンブレ* 

cambré・・・フランス語 弓形に反った の意

 

バレエにおいては

上半身を前、横、後ろに曲げることを指します

 

 

 

ただ曲げれば良い訳では無く、身体に負担をかけないように体幹を使って行います

詳しい説明は、次回お話します

 

 

 

・・・前回、カンブレはこれだけで終わってしまいましたので、きちんとご説明します

 

 

 

メソッドによってはレッスンでカンブレと言わないでポール・ド・ブラの延長で指導される場合もあります

 

 

*ポール・ド・ブラ*
port de blas・・・フランス語 腕の運び の意味

 

blas・・・フランス語 腕 の意味

port de・・・フランス語 ~の の意味

 

バレエにおいては

決められた腕のポジションからポジションへの動きの事を指します

 

 

 

腕の運びとしてだけではなく

腕・手首・指先・顔の向き・背中の使い方

 

・・・など、上半身全体を使って行います

 

 

 

 

上半身を前・横・後ろに曲げていきますが、それぞれの方向で身体の使い方や、イメージの仕方が異なります

 

 

 

*カンブレの手順*

1)バーに対して垂直に立ち、バーの方側の手をバーの上に置きます

1番ポジションで立ち、外側の手はアンバーで準備します

 

 

 

~まずは、前~

2)両足の指裏で床を押し足裏のアーチを収縮させて上に伸び上がるきっかけを作ります

 

内腿の一番上を寄せ上げ、下腹をえぐり上げることで骨盤を真っ直ぐ立て、安定させ、骨格アライメントに沿って頭の先まで伸び上がっていきます

 

 

その時に外側の手をアン・ナヴァンを通ってアン・オーまで上げていきます

 

 

 

 

*注意点*

この時、肩を上げないようにアン・バーでもアン・ナヴァンでも、アン・オーでも、肩はずっと横に引っ張り出すイメージです

 

 

肩を上げてしまうと

   ↓

肩や肋骨の周りの筋肉に力が入ってしまい

   ↓

肝心な下腹の深層筋に力が入らなくなってしまいます

 

 

 

 

ここから更に

3)下腹をえぐり上げ、伸び上がることにより、骨盤と大腿骨の間に隙間を開けるようなイメージをします

 

 

 

 

次に大腿骨から引き離した骨盤を下腹をえぐり上げることで安定させながら、斜め前、前方に引き出します

45度くらい骨盤が前方向に傾斜します

 

 

 

この時も下腹をえぐり上げ続け、下腹が重力に負けてしまわないようにイメージし続けます

 

 

 

4)更に引き出し、90度(床と上半身が平行に)まで傾斜します

 

この時は重力の関係上、バーの上に置いた手でしっかりとつかまります

 

 

 

脚は床に対して垂直に立ったままなので上半身を前に90度傾けたら、どこかにつかまっているか、誰かに支えてもらわないと自力で立っていることは不可能です

 

 

・・・自力で立っていられた場合は、お尻が後ろに出てしまい脚が床に対して垂直に立っていないことが考えられます

 

 

 

 

更に引き出し、

5)もう45度傾斜します

ここまで尾骨から頭の先まで骨格アライメントに沿って真っ直ぐ伸びています

 

アン・オーに持ち上げた腕も手先までアン・オーの位置を維持し続けます

 

 

 

ここから先は、

6)胸の後ろ側を曲げるようにして、丸みを持たせ、頭が足先に近づくようにします

 

 

 

*ここ大切*

曲げると書きましたがバレエでは縮める方を意識するのではなく、伸ばす方を意識しますので

背骨の後ろ側の背骨と背骨の間の隙間を、1つずつ広げていくようなイメージです

 

 

 

この時も下腹をえぐり上げ続けています

 

 

 

携帯電話を折り畳んだような形になりますが(古い言い方でスミマセン)

お腹の部分はヘアピンカーブの道のようなイメージで、お腹と脚はくっつきません

 

 

 

ここからは、

7)今来た通過地点を逆にたどっていきますが、下腹のえぐり上げと伸び続けることは、し続けています

行きより帰りの方が、もう少し遠くを通って行くイメージです

 

 

 

 

*もう一つ*

帰り道を違う道を通る場合もあります

ローリング・アップしていく場合です

 

 

直訳通り「背中をロールのように丸くしながら上がって」いきます

 

 

この場合は

頭の先が一番下に行ったときに、ヘアピンカーブのようになる為に下腹をえぐり上げ続けていますが、それをさらにえぐり上げることによって骨盤を真っ直ぐに立てた状態に動かしていきます

 

 

 

背骨は下から順に真っ直ぐに立ち上がっていくイメージです

 

 

 

頭の先が斜め下45度の角度から足の先に近づいていく時に、背骨の後ろ側を広げました

そこを下から順に更に広げるようなイメージで動かしていきます

 

 

 

 

どちらの起き方もまっすぐに戻った時に、最初よりも背が高くなったようなイメージをしてください

 

 

 

~次に横~

両手バーでも、片手バーでも同じです

1)、2)1番ポジション、アン・オーまでは前にカンブレする時と同じ

 

 

3)下腹をえぐり上げ骨盤をしっかり安定させ、骨盤から上の部分を横に引っ張り出します

 

横は、身体の横の部分 骨盤から脇の下までのストレッチです

バレエですので、延びていく方側をイメージします

 

 

 

 

*注意点*

☆下腹をえぐり上げ骨盤をしっかり安定させ、骨盤が頭の先とは反対方向に押し出されないように意識します

 

 

☆アン・オーの腕と手先の位置が頭の先からずれていかないように注意してください

 

・頭よりたくさん手が動いて顔に近づいてしまう方

・手が止まってしまい、頭と手が離れてしまう方

 

・・・どちらも、アン・オーのポジションから外れてしまいます

 

 

 

4)ここから真っ直ぐに戻っていきますが、頭の先を更に遠くに引き上げます

 

 

ストレッチしている身体の横を、ゴムを伸ばすようなイメージで、真っ直ぐに引き延ばしてください

 

 

 

 

~最後に後ろ~

1)両手バーで1番ポジションで立ちます

 

2)内腿の一番上を寄せ上げ下腹をえぐり上げ、骨格アライメントに沿って頭の先まで伸び上がります

 

3)そこから胸骨を上に押し上げるようなイメージで肋骨を上向きにしていきます

 

 

頭と身体の関係性が変わらないように、頭の先を伸び続けます

 

 

 

 

*注意点*

☆頭は物凄く重たいので、頭の先を伸び続けているイメージを持っていないと首の後ろで折れ曲がってしまい、むち打ち症のような痛みが出てしまいます

 

 

☆肋骨を上向きにするとお話ししました

腰の部分は真っ直ぐに立っている時と同じ状態です

 

 

 

※ウエストの部分で折り曲げて後ろにカンブレしている方を見かけますが、腰痛になってしまいます

 

 

 

 

*ここ大切*

後ろにという言葉に惑わされて身体ごと後ろに行くのではなく、上に伸び上がっていき、肋骨を上向きに押し上げたので肩や頭の先が後ろに傾いたように見えるのです

 

 

 

ローマ字の小文字の r を描くようなイメージで動いてみてください

 

 

 

 

4)ここからは、頭の先を遠くに引き伸ばしながら真っ直ぐに戻っていきます

 

 

 

背中から頭の後ろを、真っ直ぐ上に向かって引き延ばす…と、イメージすると良いと思います

 

 

 

 

*ここ大切*

後ろにカンブレした状態は肋骨を上に向かって押し上げているので、みぞおちからおへそまでの部分が引き伸ばされてしまいます

 

 

まっすぐに戻った時に、引き伸ばされてしまった部分を自分で元の長さに戻すようにイメージしてみてください

 

 

 

 

 

どの方向でもカンブレする前も、途中も、戻ってくるときも、戻ってきた後も、ずっと体幹を使って、伸び上がり続けています

 

 

 

身体のどこかの部分に寄りかかっている訳では無いのです

 

 

 

~~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~~

 

 

 

YouTubeで

レッスンアンシェヌマン(順序)を

1つずつアップしています!!

 

 

 

いつもレッスンを受けているのに自習をしようとしたら、レッスンの順番がわからない時などありませんか?

 

 

 

バーレッスンやセンターレッスンの順序の説明している動画をアップしています

 

☆説明動画ですので右側だけとか、前からの順序だけだったりします

 

☆バーレッスンからセンターレッスンまで繋がりがあるレッスン構成にしていきます

 

 

 

自習する時に順序を考えるのが面倒な時などに使ってくださいね

 

 

 

↓YouTubeチャンネル登録はこちらから↓

https://www.youtube.com/channel/UCQ_IEhO3zSrMALs5QQKFAaw/featured

 

“再生リスト”をクリックしてみてください

“レッスンアンシェヌマン”に順番にアップしていきます

 

 

 

~~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~~

 

 

 

体幹や足裏のトレーニングのオンライン動画講座を作りました

 

 

ストレッチは現在作成中です

 

 

 

他にも、毎週1本ずつアップされるたくさんのトレーニング動画からご自分に必要なトレーニングを選んでできるようになっている月会費『床の上でのバレエ』もあります

 

 

月会費は毎月の課金でご登録の間はいつでも動画が見られます

 

 

年齢やレベルによって分かれていますので、ご自分に合ったトレーニングができますし

瀬間亜理砂バレエ教室の生徒以外の方にはLINE@などでフォローアップもあります

 

 

 

オンライン動画講座は、バレエのレッスンに通うことまでは出来ない方にもピッタリです!

 

 

 

オンライン動画講座の良い所は・・・

 

*レッスンやブログでお話していることを図や動画で説明していますので、言葉だけよりも解りやすい

 

*レッスンのように音楽に合わせて動画と一緒にトレーニング

 

*トレーニング回数を数え、耐えながらトレーニングをするのではなく、レッスンのように意識することや注意点など聞きながらトレーニングを行うので、イメージしやすい

 

*今までは、レッスンに行かなければ受講できなかったことが

  ご自宅で

  お好きな時間に

  ちょっとした空き時間を利用して

  トレーニング1つから出来る

     聞き逃した時も見直せる

 

 

 

月会費は月謝のように毎月課金、その他のものは買い切りで、登録を解除するまでずっと見ることができます

 

 

 

ご興味があったら覗いてみてくださいね

 ↓  ↓  ↓

http://bit.ly/OD_arisaB

オンライン動画講座 詳細

 

 

 

~~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~~

 

 

 

瀬間亜理砂バレエ教室

 

 

LINE公式アカウント お友達追加お願いします

 

 

ご登録の方に オンライン動画講座
『ご自宅で簡単にできるバレエに必要なトレーニング&ストレッチ』

 

 

無料ミニコースをプレゼント!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookはこちら→https://www.facebook.com/arisaballet2000/

 

Instagramはこちら→https://www.instagram.com/arisaballet2000/

 

YouTubeチャンネル登録はこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UCQ_IEhO3zSrMALs5QQKFAaw/featured

 

Pinterestはこちら→https://www.pinterest.jp/arisaballet2000/