瀬間亜理砂バレエ教室のブログ

①美しい姿勢を保つコツ

バレエのレッスン疑問点no.45

 

バレエで美しく痩せるために必要な体幹のこと

 

①美しい姿勢を保つコツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日バレエの指導をしたり、振付をしたり、動画講座を作ったり・・・

 

その時にいつも思うのは やはり体幹

 

 

 

教室の生徒も

*3歳からバレエをずっと頑張っている生徒

 

*大人でバレエを習い始めた方

 

*昔バレエや他のダンスを踊っていてブランクがあってバレエのレッスンを始めた方

 

*他のジャンルのダンスのパフォーマンスをアップさせようとバレエもレッスンされている方

 

など、様々な年齢、レベルの方の指導をしています。

 

 

レッスンの前後やリハーサルの合間にお話をすることも大好きなので、バレエ以外のことをおしゃべりしています。

 

そんな、バレエのレッスンではない時の姿勢がレッスンにも関係してくるなぁ・・・と感じています。

 

 

私のバレエ教室の生徒の皆さんは、多い方で週に3回、ほとんどの方が1~2回、忙しい方は週1回のレッスンも難しいですね。

 

そんな中、皆さん一生懸命レッスンに通ってご自分のできる精一杯の努力をされています。

 

 

でも、でも、レッスン以外の時間の方がとっても長いのです

 

 

 

レッスン以外の時間(…日常生活)の中で

        ↓

バレエのレッスンで注意していることを意識していくことで

        ↓

正しい姿勢が身体に身につき、癖付けされ

        ↓

正しい姿勢を維持していくことで体幹が強くなります

 

 

 

逆の発想をすると・・・

 

 

バレリーナがバレエのレッスンで意識していることを日常生活で意識すれば・・・

 

 

バレリーナのようなスッと細く長く伸びたイメージの

美しい姿勢になれるということです

 

 

 

レッスン以外の時間(…日常生活)は、バレエではないのでバレエのレッスンで頑張っていることを全く考えなかったらどうなってしまうのでしょうか・・・

 

 

はっきり申し上げますと・・・

ご自分の身体のコントロールができなくて

        ↓

週に数回のレッスンは、ただバレエの動きをしているだけのレッスンになってしまい

        ↓

猫背、O脚、膝が曲っているなどなどご自分の身体にコンプレックスをお持ちの方は

        ↓

コンプレックスは改善されずとても残念な結果になってしまいます

 

 

 

 

人間の身体は実によく出来ていて、動いて生きていくために身体中で支えあい、助け合いながら生きています。

 

動くために必要な筋肉が働かなかったら他の筋肉が頑張って支えてしまいます。

 

 

 

バレエでは体幹の中でも骨に近い深層筋(…インナーマッスル)を使い、まず骨格を正しい位置に並べます

        ↓

そしてその骨と骨を繋いでいる深層筋を鍛えて、骨と骨のすき間を広げるようにして伸びていきます

        ↓

筋肉を十分に伸ばしているので緩みがなく、身体の中心に1本筋が通ったようになります

        ↓

これが身体の軸です

バレリーナは強い軸で身体を常に伸ばしているので美しい姿勢を保つことができるのです

 

 

 

バレエのレッスンの時だけ頑張ってもバレリーナにはなれません。

バレエは地味な基礎レッスンと地道なトレーニングの反復練習で上達していきます。

 

 

この地道なトレーニングがバレエに必要な体幹トレーニングで、バレリーナではなくても

 

*美しい姿勢を目指している方

 

*痩せやすい身体を目指している方

 

*猫背・O脚・膝が曲るなどを直したい方

 

*強くしっかりとした身体の軸を作り、ご自分のジャンルのパフォーマンスをレベルアップしていきたい方

 

*健康的に毎日を過ごしたい方

 

*年齢を重ねても素敵な自分で生きていきたい方

 

*鍛えるといってもスポーツマン的な身体ではなく

しっかりしているが柔らかい印象の身体になりたい方

 

*毎日、目標に向かって輝いていたい方

 

などなど、バレリーナ以外の方にも体幹のことをもっともっと知っていただき、意識していただきたいので・・・

 

 

 

バレエ教師が伝えたい バレエのレッスン疑問点ブログ

 

バレエで美しく痩せるために必要な体幹のこと

 

 

体幹について色々お話していきます。

 

 

~~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~~

 

瀬間亜理砂バレエ教室

 

LINE@お友達追加お願いします
ご登録の方に オンライン動画講座
『ご自宅で簡単にできるバレエに必要なトレーニング&ストレッチ』
無料ミニコースをプレゼント! 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookはこちら→https://www.facebook.com/arisaballet2000/

 

Instagramはこちら→https://www.instagram.com/arisaballet2000/

 

YouTubeチャンネル登録はこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UCQ_IEhO3zSrMALs5QQKFAaw/featured

 

Pinterestはこちら→https://www.pinterest.jp/arisaballet2000/

新入会 ご紹介キャンペーン 実施中!!

有松教室、プライベート教室での月謝制クラスは新入会の生徒募集中

対象年齢は3歳以上の男女

条件は一つだけ・・・トイレに一人で行くことができる(おむつ不可)です。

 

そして、今

レッスンを頑張っている生徒の皆さんのお友達をご紹介していただけたらと思い、

『新入会 ご紹介キャンペーン』を実施します。

 

生徒からのご紹介だけでなく、

お友達同士や兄弟姉妹など2人同時に入会の場合も

キャンペーンの対象になりますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ご紹介キャンペーン詳細>

瀬間亜理砂バレエ教室の生徒の皆さんのご紹介で入会を決めていただけたら

 

*新入会の方 入会金2,000円OFF

 

*生徒の皆さんは 月謝1ヶ月分から2,000円OFF

 

になります。

 

 

例1)週1回レッスンで通っている生徒の紹介で新入会の手続きをして3月から週1回レッスンを始める場合

*新入会の方

入会金5,000円-2,000円=3,000円、月謝 週1回5,500円で合計8,500円を入会手続きの時にお支払いいただきます。

 

*紹介してくださった生徒の方

月謝 週1回5,500円-2,000円=3月分の月謝が3,500円となります。

 

 

例2)週2回レッスンで通っている生徒の紹介で、2人新入会の手続きをして3月から週1回レッスンを始める場合

*新入会の方 それぞれが

入会金5,000円-2,000円=3,000円、月謝 週1回5,500円で合計8,500円を入会手続きの時にお支払いいただきます。

 

*紹介してくださった生徒の方

月謝 週2回8,500円-2,000円=3月分の月謝が6,500円、4月分の月謝も6,500円

ご紹介で入会手続きと月謝のお支払いが完了した人数と同じ月数、月謝が2,000円OFFとなります。

 

 

例3)生徒からのご紹介ではないがお友達同士や兄弟姉妹で2人同時に入会、週1回のレッスンを始める場合

*どちらも

入会金5,000円-2,000円=3,000円、月謝 週1回5,500円で合計8,500円を入会手続きの時にお支払いいただきます。

 

 

無料体験レッスンもやっていますので、ちょっとでも興味のありそうなお友達がいたら是非、誘ってくださいね。

 

 

4月から学年が変わったり、卒業・入学などでこれからあわただしくなってきます。

 

この時期に、バレエのレッスンを始めてバレエのレッスンに行く生活のリズムができてくれば、入学や新しい学年になった時もすんなりと頑張っていけるのではないでしょうか。

 

ご紹介キャンペーンを利用して、ちょっとお得にバレエのレッスンを始めてみませんか。

 

 

お気軽にお問い合せください。
ホームページのお問い合せフォームからメール、LINE@にご登録いただきトークでのお問い合せもOKです。

 

 

~~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~~

 

瀬間亜理砂バレエ教室

 

LINE@お友達追加お願いします
ご登録の方に オンライン動画講座
『ご自宅で簡単にできるバレエに必要なトレーニング&ストレッチ』
無料ミニコースをプレゼント! 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookはこちら→https://www.facebook.com/arisaballet2000/

 

Instagramはこちら→https://www.instagram.com/arisaballet2000/

 

YouTubeチャンネル登録はこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UCQ_IEhO3zSrMALs5QQKFAaw/featured

 

Pinterestはこちら→https://www.pinterest.jp/arisaballet2000/

⑧バレエを習い始める時期

バレエ教師が伝えたい バレエのレッスン疑問点 no.44

バレエを習い始める前に知っておきたいこと

⑧バレエを習い始める時期

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレエを習い始める時期とは・・・

それは一言

 

本人がバレエを習いたいという意思を持ったとき

 

です。

バレエは何歳から始めなければならないという明確なものはありません。
そして、目的も人それぞれ違いますから・・・

 

純粋にバレエを踊っていたいのか
プロのバレエダンサーになりたいのか
健康のため・美容のために習うのか
他のジャンルのダンスの基礎として習うのか

 

様々な習いたい理由はあると思いますが、
子どもでも、大人でもバレエを踊りたいと思ったときに、バレエを習いたい目的に合ったバレエ教室にレッスンに通える状況にあるかどうかですね。

 

 

大人やある程度の年齢になれば、ご自分の意志というものがはっきりしてきますので、バレエを習いたいと思う時期もご自分の中では明確になってきます。

 

バレエは一見、フワフワ・キラキラした衣裳を着て優雅に踊っていますが、練習は地味な基礎レッスンや、辛い身体づくりのトレーニングの反復練習です。
この、地味で辛い反復練習を続けるということはバレエを踊りたいというご自分の意思がなければ続かないでしょう。

 

小さいお子様は、ご自分の意思がはっきりと芽生えているのかわからない場合もありますし、お子様の意志だけでなくご家族の意思も必要になってきますので、少しお話したいと思います。

 

 

 

世間一般的に小さなころからバレエを習い始めたら良いと言われますが、これにはバレエを習うことでのメリットが関係してきます。

 

*リズム感や調整力を身に付けることができる
*姿勢が良くなり柔軟性が増す
*協調性や周りに対する礼儀やマナーを身に付けることができる

 

 

*リズム感や身体の調整力を身に付けることができる
音楽に合わせて身体を動かすということは、楽器を演奏したり絵を描いたりということよりはるかに原始的な人間の本能に近い行為です。
小さなお子様でも、楽しい音楽に合わせて走ったり・跳んだり・回ったりしながら、ごくごく自然にリズム感や身体の調整力を養うことができるのです。

 

*姿勢が良くなり柔軟性が増す
子どもの骨には軟骨が多いため、幼少期に正しい姿勢を覚えて背骨のアライメント(並び方…背骨は真っ直ぐではなく衝撃を緩和するために少しS字カーブになっています)を整えられれば、大人になってからもその姿勢を維持できる可能性は高くなります。
柔軟性も同じです。

 

*協調性や周りに対する礼儀やマナーを身に付けることができる
幼児期のバレエのレッスンにおいては特に大切なことだと思います。

・先生の目を見てお話を聞くことができる
・大きな声できちんとご挨拶ができる
・お友達と呼吸を合わせてお互いに相手を思いやりながら踊ることができる

 

これらのことは人が人として生きていくうえで最も大切なことだと思います。
そして幼いうちにバレエを通して自然に習得ができれば、その子にとってはかけがえのない財産になると思っています。

 

 

このように小さなころからバレエを始めることによって身体的にも精神的にも様々なメリットがあります。

 

 

でも、いわゆるバレエのレッスンの基本の動きに関してのメリットではないですよね。

それは小さいときにバレエを始める場合のデメリットが関係してきます。

 

 

幼児期の発達段階にそぐわないレッスンの場合、
*軟骨部分が多い子どもの骨の発達を阻んでしまう
*無理な動きを強要され自信を無くす
*厳格なレッスンで想像力が押し殺されてしまう

 

*軟骨部分が多い子どもの骨の発達を阻んでしまう
軟骨部分が多い事はメリットでもお話しましたが、デメリットにもなってしまうので成長段階に合わせて無理な動きをさせないよう注意が必要です。
幼少期から無理な筋力トレーニングをしたり、衝撃の大きなジャンプや無理な動作を繰り返していると骨の自然な成長が育まれません。


*無理な動きを強要され自信を無くす
幼少期は年齢によって、また同じ年齢でも発育段階は本当に個人差があります。
そのような年齢の生徒にバレエのポジション(形)やパ(動き)を厳密にマスターさせようとすることは難しいですし、左右や数もおぼつかない生徒に口で「右を4回、左を4回」と言ってもわかりません。
やれない事ばかりのレッスンではバレエ自体が嫌になって自信を失ってしまう可能性もあります。

 

幼少期は頭で理解して動くのではなく、見て真似て動いて覚えていきます。
先生が一緒に楽しそうに踊ってくれるそんなレッスンなら生徒も自信を無くすことなく踊ることの楽しさも味わうことができます。

 


*厳格なレッスンで想像力が押し殺されてしまう
先程もお話しましたが、バレエの基本を厳密に指導するレッスンの場合、子どもは本来持っているはずの豊かな創造的な表現が押し殺され、決められた動きだけが正確にできる(幼児期だと正確にできないとは思いますが…)能力、ロボットのような人間に成長してしまう可能性があります。

 

幼少期の子どもはとても創造的でイメージの世界と現実の世界を自由に行き来しているように思います。
心に思い浮かんだことや目で見たことを自然に身体で表現できます。
そんな表現力をさらに豊かにしてあげられるようなレッスンでありたいですね。

 

 

 

このようなデメリットがあるため、バレエのレッスンは幼児対象のクラスと、7~8歳からのクラスとではレッスン内容は全くといってよいほど違ってきます。

ですが、バレエを踊る楽しさやリズム感や柔軟性、マナーなどは幼児期のレッスンで養います。

 

 

先生のお話をきちんと聞いて理解できるようになり、バレエを踊る楽しさも知っているから、地味で辛い基礎レッスンとトレーニングの反復練習が続けられるようになるのです。

 

幼児対象のバレエのレッスンではお子様が先生に言われたこと(順番や左右や回数ではなく)を、周りのお友達と楽しそうに動きながらレッスンの時間を過ごしているかをご家族の方には感じていただきたいと思います。

 

そして子どもの年齢が上がるにつれ、年齢に応じたレッスンを受けることができれば、着実に上達していきますし、よりバレエが大好きになっていくと思います。

 

色々考えると、やはりこの一言

 

本人がバレエを習いたいという意思を持ったとき

 

ですね。

 

 

日本は4月が生活が変わる時期ですが、生活が変わってもバレエを習いたい気持ちがあれば環境が変わっても頑張っていけると思います。

新しい環境になる前に大好きなバレエを習っていく生活のリズムを作り、その中で新しい環境にバレエとともに慣れていけると良いですね。

 

 

実は私も、引越ししたり、進学したり、就職したり、様々な環境が変わる中、大好きなバレエを続けていくことで気晴らしになったりして精神的に乗り越えてきたかなと思います。

大好きなことを我慢するのではなく、大好きな事と一緒に頑張っていけたらとても素敵な人生が送ることができると思いませんか

 

 

~~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~~

 

瀬間亜理砂バレエ教室

 

LINE@お友達追加お願いします 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookはこちら→https://www.facebook.com/arisaballet2000/

 

Instagramはこちら→https://www.instagram.com/arisaballet2000/

 

YouTubeチャンネル登録はこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UCQ_IEhO3zSrMALs5QQKFAaw/featured

 

Pinterestはこちら→https://www.pinterest.jp/arisaballet2000/

お待たせしました!オンライン動画講座 発売中です

現在、発売中のオンライン動画講座

*『バレエに必要な体幹トレーニング』~入門編 正しい姿勢~

*『体幹と同じくらい重要な足裏トレーニング』~日常から気を付けたいこと~

*月会費『床の上でのバレエ』<初級編> <小学生編> <中・上級編>

 

*『バレエに必要な体幹トレーニング』
             ~入門編 正しい姿勢~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレエに必要な体幹トレーニングは、実はバレエを習っていない方にも、健康的な生活を送っていただくためにとても大切な筋トレなのです。

 

この講座では、正しい姿勢の大切さや知識を学び、実際に正しい姿勢や歪んだ姿勢を体感していただき、最も重要な骨盤周りの基本的なトレーニングを覚えます。

 

バレエのレッスンと同じで体幹を鍛えるトレーニングも毎日の地道な反復練習をして鍛え、鍛えた体幹を使って正しい姿勢で燃焼しやすい、痩せやすい身体にしていきましょう。

 

*『体幹と同じくらい重要な足裏トレーニング』
               ~日常から気を付けたいこと~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい姿勢で立って健康的な生活するために、床に触っている足の働きはとても大切です。

これはバレエを踊るために必要なのではなく、人間が健康的に毎日過ごしていくためにとても重要な事なのです。

 

概要では足裏の構造や外反母趾や扁平足のことなども学び、正しく立つための大切さを学びます。

そして動画と一緒にトレーニングを行いますので、文章や写真だけでなく実際にどのようにトレーニングするのか一目瞭然です。

 

*月会費『床の上でのバレエ』
    <初級編> <小学生編> <中・上級編>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床の上でバレエのレッスンをすることで、バレエを踊る時に必要な体幹の深層筋を鍛え、バレエを踊る時に身体の中で動かす場所も明確にわかるようになります。

床という真っ直ぐな物に対してご自分の身体が真っ直ぐか簡単に比べることができ、身体の歪みや傾きに気付くことができます。

 

それぞれレベルに合わせた内容になっています。

<初級編>
基本的なトレーニングとストレッチの解説と実際に音楽に合わせてトレーニングできるようになっています

バレエ初心者の方、健康的な身体づくりが目的な方はこちらの初級編をお選びください

 

<小学生編>
体幹トレーニングやストレッチと同時に足先のトレーニングも組み込まれています

音楽に合わせてどんどんトレーニングできるようになっています

 

<中・上級編>
トレーニングの中でも、より、バレエの動きに関連付けていける内容になります

解説と実際に音楽に合わせてトレーニングできるようになっています

 

講座内容

  •  講座の中は3つのカテゴリーに分かれています

  • 「基本姿勢」はどのレベルも同じです

  • 「説明動画」と「トレーニング動画」はそれぞれのレベルに応じた内容になってます
    (もちろん、どのレベルも同じ基本の動きもあります)

 

月会費『床の上でのバレエ』は只今

White Day Gift
2,000円/月

3月14日(木)までの特別価格!期間延長!!

今お申し込みされますと
解約するまで2,000円/月で
ご覧いただけます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~~

 

瀬間亜理砂バレエ教室

 

LINE@お友達追加お願いします 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookはこちら→https://www.facebook.com/arisaballet2000/

 

Instagramはこちら→https://www.instagram.com/arisaballet2000/

 

YouTubeチャンネル登録はこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UCQ_IEhO3zSrMALs5QQKFAaw/featured

 

Pinterestはこちら→https://www.pinterest.jp/arisaballet2000/

 

⑦発表会までの流れ

バレエ教師が伝えたい バレエのレッスン疑問点 no.43

 

バレエを習い始める前に知っておきたいこと

⑦ 発表会までの流れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

憧れのバレエの発表会

綺麗な衣裳を着て、照明を浴びて、観客の前で踊る・・・

 

バレエ教師としては、バレエを習っている方には是非経験していただきたいことです。

以前にもお話いたしましたが、

 

バレエはスポーツではなく芸術です。

表現することに最終目標があります。

その最終目標のために毎日体幹を鍛え、地道な基礎レッスンの反復練習をして、思いのままに動くことができる身体を作ります。

 

バレエを習っている方にとっては、その最終目標が発表会なのです。

 

ですので、日々のレッスンやトレーニングを行うだけではバレエではないのです。

 

物語の登場人物になって踊ることや、ストーリーの設定の無い場合でも、音楽や照明、衣裳などから受けるイメージだったり、メッセージだったりを言葉ではなく身体の動きで表現して踊ることがバレエなのです。

 

バレエ教師として、日々のレッスンや発表会のリハーサルを頑張っている生徒を見ていると、どちらも同じように頑張っているのですが、発表会のリハーサルは楽しそうです。

 

上級クラスになってくると技術的に難しくなるので、どうしても上手に踊れないときなど悔しかったり、落ち込んだりという感情も感じられます。

それらの苦悩を乗り越えて発表会を終えた生徒はとても成長しますし、生徒自身も苦しかったけど頑張って良かった。と、笑顔で楽しそうに話してくれます。

 

 

最終目標の発表会が終わると、みなさん成長してレベルアップしていますので、それぞれの最終目標も次のレベルに上がります。

発表会を経験してどんどんレベルアップしていただきたいですね。

 

 

最終目標の発表会、日々のレッスンを続けていくだけでは発表会で踊ることはできません。

発表会用のレッスン・・・リハーサルをしていかないと踊ることはできません。

 

 

*発表会までの流れ*

発表会までの流れをスケジュール的なことからお話します。

 

1)意思確認

発表会に出演するかどうか決心して、意思表示する(出演申込書など)

・・・発表会に出演する決心をしたら途中で辞めない・くじけない・諦めないことが大切です。ここから先の事を良く理解して決心を決めてください。

 

 

2)配役、リハーサル日程の確認

リハーサルが始まる前に配役の決定があり、リハーサル日程が発表されます。

 

全部一度に発表される場合もありますが、順番に少しずつという場合もあります。リハーサルなどは変更がある場合もありますので、発表されることは全てチェックし、漏れの無いようにします。

 

 

3)振付

リハーサルの初めは振付です。

 

まずは音楽に合わせてどういう動きをするのか覚えます。

舞台という空間をどのように移動して動くかも把握します。ソロ(1人で踊ること)の場合は自分1人なので自分が振付に参加すれば良いのですが、2人以上で踊る場合は1人でも欠けると空間での隊形や移動経路がわかりにくくなるので振付が成り立ちません。

 

 

4)採寸

発表会に参加意思表示から振付の間に採寸をします。

 

衣裳を決めるために身体のサイズを測ります。

通常は、身長・バスト・ウエスト・ヒップ・背丈

 

衣裳によっては、ガウス(肩からまたの下を通って肩への一周のサイズ)・スカート丈(スカートタイプの衣裳の場合はウエストから膝までとか、脹脛までとか、足首までとか)・袖丈(袖の長い衣裳の場合は肩の横の骨から肘までとか、肘を軽く曲げてヒジを通って手首までとか)も測ります。

 

オーダーメイドの衣裳の場合はもっと細かく身体中のサイズを測ります。

 

バレエシューズも教室でまとめて注文される場合はバレエシューズのサイズも測ります。

 

 

5)リハーサル

振付られた動きを音楽に合わせて、一緒に踊る人と合わせて踊りにしていきます。

 

これも2人以上で踊る場合は1人でも欠けたら、他の人に迷惑をかけてしまいます。

動きを合わせるだけでなく、気持ちも合わせていきます。

 

 

6)衣裳合わせ

オーダーメイドの場合は仮縫いなど細々とした合わせが何回もあります。

 

レンタル衣裳の場合は、S・M・Lなど基本サイズで作ってある衣裳で本人に一番近いサイズの衣裳を合わせます。

ピッタリのサイズということは滅多にありませんので、衣裳を自分の身体に合わせて直していきます。

レンタル衣裳はあくまで発表会まで借りている衣裳です。発表会が終わったら返却します。

 

返却する時には借りた時の状態に戻して返却しますので、借りた時の状態に戻せるような直し方をしてください。

 

基本的には手縫いで直していきます。

 

 

7)衣裳付きリハーサル

衣裳を着てリハーサルをして、不都合が無いか確認します。

 

衣裳を何着も着替える場合は、着替えの時間が間に合うのかも確認します。

衣裳付属の頭飾りや小物なども同時に確認します。

 

 

8)照明合わせ

発表会の舞台進行スタッフがリハーサルを見て手順を確認します。

 

照明合わせの前に教室の先生や振付家が事前にスタッフと打ち合わせをしています。

照明合わせではその打合せしたことを実際に見て確認をして、無理なところなどは変更します。

 

大道具などの舞台セットの場所の説明があり、踊っていくうえで移動経路や踊るスペースなどの確認をします。

 

9)総合リハーサル

衣裳合わせ、照明合わせで確認したことを考えながら発表会に向けてリハーサルしていきます。

 

出演者全員の気持ちも合わせていきます。全員で一つの発表会を創り上げる意識が大切です。

 

 

10)舞台リハーサル、場当たり、舞台稽古

舞台の上で行うリハーサルです。通常は発表会の前日や当日に行います。

 

場当たり

舞台のどの場所で踊るのか位置確認をします。

衣裳を着ます・・・衣裳のサイズで位置感覚が変わってきます

 

明かり合わせ

どのタイミングでどんな照明になるのか確認します。

衣裳を着ます・・・照明と衣裳とのバランスをみます。

 

場当たりと明かり合わせを同時に行う場合もあります。

 

舞台リハーサル

舞台の上でのリハーサル。袖幕からの出入り、衣裳の着替えなど不都合が無いか確認します。

 

舞台稽古

本番と同じように最初から最後まで通します。

本番と同じように進行していくので、アクシデントがあった時にどのように対処するのかも考えます。

 

 

 

ここまで綿密にリハーサルを行い、発表会の幕が開きます。

どのリハーサルも基本的に全員参加です。誰一人欠けても成立しません。

 

どうしても欠席しなければいけない状況になった時は、他の方々に物凄く迷惑をかけるということを理解して欠席してください。

 

 

そして舞台進行スタッフとは照明合わせと舞台でのリハーサルが始まってからしか、出演者とは一緒になりませんが、それよりずっと前から教室の先生や振付家などと打ち合わせをして準備を始めています。

 

舞台進行スタッフがいなければ発表会は出来ません。

 

スタッフに感謝の気持ちを持ち、出演者1人1人が精一杯の努力で踊ることで感謝の気持ちを伝えることになると思います。

出演者の一生懸命な踊りとスタッフのそれに応えようとする気持ちが合うと、それがまたパワーとなってお客様に届き、お客様に感動を与えることができるのだと思います。

 

 

そんな経験をすることで踊りの技術だけでなく、精神的にも確実に成長できると思います。

日々のレッスンだけでは得ることはできないと思いませんか?

 

 

バレエ教師としては、バレエの最終目標である発表会に出演して技術的にも、精神的にもレベルアップしていただきたいと思っています。

 

 

~~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~~

 

瀬間亜理砂バレエ教室

 

LINE@お友達追加お願いします 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookはこちら→https://www.facebook.com/arisaballet2000/

 

Instagramはこちら→https://www.instagram.com/arisaballet2000/

 

YouTubeチャンネル登録はこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UCQ_IEhO3zSrMALs5QQKFAaw/featured

 

Pinterestはこちら→https://www.pinterest.jp/arisaballet2000/