瀬間亜理砂バレエ教室のブログ

⑭バレエで美しく痩せるために必要なアン・デオールとは

バレエ教師が伝えたい バレエのレッスン疑問点 no.58

 

バレエで美しく痩せるために必要な体幹のこと

 

⑭バレエで美しく痩せるために必要なアン・デオールとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレエの基本中の基本であるアン・デオール(=ターンアウト)

 

en dehors  フランス語  外側に という意味

 

バレエでは

股関節から脚を外向きにして立つ

という、基本の意味で使われます

 

 

人間の脚は足先が前方向を向くようにできていますので

バレエを踊っている時には立っている以外も

脚を空中に上げている

ジャンプしている

ポーズで止まっている

・・・どんな時もアン・デオールしている意識を持っていなければ、脚は前向きに戻ってしまいます

 

 

アン・デオールするためには脚の内側の筋肉を使うので

形が良く、強い足になります

 

 

しかし、このアン・デオールを正しい筋肉を使わず頑張ってしまうと・・・

 

 

余分な筋肉が発達してしまう

   ↓

見た目が悪くなる

   ↓

発達した余分な筋肉を使ってしまう

   ↓

本来動かさなくてはいけない筋肉の動きを止めてしまう

 

 

 

アン・デオールの反対語はアン・デダン

en dedans  フランス語  内側に という意味

 

回る動きの時にはアン・デダンもアン・デオールも使います

 

バレエを習っていらっしゃる方は

ピケ アン・デダン 

とか 

ピルエット アン・デオール

とか・・・聞いたことありますね

 

 

身体の使い方では常にアン・デオールを意識します

 

 

アン・デオールを正しい筋肉を使って行うためには

体幹を使います

 

 

まずは骨盤を真っ直ぐに立てることが重要です

 

 

骨盤をご自分の意志で動かしたり安定させるためには

どの筋肉を

どの部分で

どのように動かすのかを

理解して動いていくことが大切になります

 

 

 

*アン・デオールする場所*

アン・デオールする場所は股関節です

 

股関節で大腿骨を外旋(外回し)させます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*アン・デオールする時に使う筋肉*

1)足裏

2)内転筋(内もも)

3)腹筋(腹筋の中でも骨盤周りの深層筋)

 

そして股関節の部分で外旋を助けるのが

深層外旋六筋(…お尻の奥の方の筋肉6つ)

 

深層と名前についているのですから体幹の深層筋ですね

アン・デオールするためにお尻の表面の筋肉に力を入れてしまうと、本来働かなくてはいけない深層外旋六筋が働きにくくなってしまいます

 

 

 

*どのように動かすのか*

足裏の筋肉を収縮させ身体を支え

それが内転筋に伝わって脚を外回しします

 

1回外回しすれば良いのではなく

ずっとエンドレスで外回しし続けます

 

内ももの1番上を外回しをして

回っていったらお尻の下に入っていき

また外回しをする・・・感じです

 

 

 

そして

股関節の中でスムーズに外旋させ

キープし続けるために骨盤周りの筋肉を使って

股関節を広げる、隙間を開ける

骨盤と大腿骨を逆方向に引っ張って引き離す

というイメージをします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1)、2)、3)を同時に意識することが大切です

どれか1つでも忘れたらアン・デオールできないのです

 

 

また、身体がこわばって固まってしまうとアン・デオールは上手くできません

 

 

筋肉への意識は大切ですが、力が入ってしまうこととは違います

 

アン・デオールを「外側に開放する」と言うこともあるそうです

力を外側に逃がす・開放すると考えてみてはいかがでしょうか

 

 

意識することと力むことは別ということを覚えてください

 

 

 

 

アン・デオールの筋肉の使い方を正しくマスターしてしまえば

 

☆脚が今より細くなり、バレリーナの脚のラインが手に入る

 

☆脚を、バレリーナの美しいラインで動かすことができるようになる

 

 

勿論

☆綺麗なアラベスクができる

 

☆ピルエットなど回転系のテクニックがバランスを感じることができ、安定する

 

など、バレエを踊っていくうえでもとても重要ですね

 

 

 

最初から上手く動かせるわけでは無いので

まずは頭で理解し、正確な動き方のイメージを持ってください

 

イメージすることで身体は自然とそのように動いていくことができるようになります

 

 

 

 

*バレエの用語*

バレエの用語は多くはフランス語からきていますので、私達はその用語を形で覚えてしまいがちです

 

ポーズ(・・・ポーズの型枠に自分の身体をあてはめたような感じ)になってしまう方が多いと思います

 

 

バレエの用語は動詞や形容詞が多いです

ポーズ(形)ではなくムーブメント(動き)と考えてください

 

 

アン・デオールも脚を開いた形に自分をあてはめるのではなく

アン・デオールしていくこと

股関節で脚を外側に開いていく動きとして考え

アン・デオールでキープしている時も

アン・デオールしている動きを身体の中で感じ続けてください

 

 

バレエのレッスンで

体幹の使い

アン・デオールして動いていくことで

バレリーナの美しいスタイル、美しいラインが維持できるのです

 

 

 

~~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~~

 

 

 

体幹や足裏のトレーニングのオンライン動画講座を作りました

ストレッチは現在作成中です

 

 

 

他にも、毎週1本ずつアップされるたくさんのトレーニング動画からご自分に必要なトレーニングを選んでできるようになっている月会費『床の上でのバレエ』もあります

 

 

月会費は毎月の課金でご登録の間はいつでも動画が見られます

 

 

年齢やレベルによって分かれていますので、ご自分に合ったトレーニングができますし

瀬間亜理砂バレエ教室の生徒以外の方にはLINE@などでフォローアップもあります

 

 

 

オンライン動画講座は、バレエのレッスンに通うことまでは出来ない方にもピッタリです!

 

 

 

オンライン動画講座の良い所は・・・

 

*レッスンやブログでお話していることを図や動画で説明していますので、言葉だけよりも解りやすい

 

*レッスンのように音楽に合わせて動画と一緒にトレーニング

 

*トレーニング回数を数え、耐えながらトレーニングをするのではなく、レッスンのように意識することや注意点など聞きながらトレーニングを行うので、イメージしやすい

 

*今までは、レッスンに行かなければ受講できなかったことが

  ご自宅で

  お好きな時間に

  ちょっとした空き時間を利用して

  トレーニング1つから出来る

     聞き逃した時も見直せる

 

 

 

月会費は月謝のように毎月課金、その他のものは買い切りで、登録を解除するまでずっと見ることができます

 

 

 

ご興味があったら覗いてみてくださいね

 ↓  ↓  ↓

http://bit.ly/OD_arisaB

オンライン動画講座 詳細

 

 

 

~~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~・・・~~

 

 

瀬間亜理砂バレエ教室

 

 

 

LINE@お友達追加お願いします

 

 

ご登録の方に オンライン動画講座
『ご自宅で簡単にできるバレエに必要なトレーニング&ストレッチ』

 

無料ミニコースをプレゼント!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookはこちら→https://www.facebook.com/arisaballet2000/

 

Instagramはこちら→https://www.instagram.com/arisaballet2000/

 

YouTubeチャンネル登録はこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UCQ_IEhO3zSrMALs5QQKFAaw/featured

 

Pinterestはこちら→https://www.pinterest.jp/arisaballet2000/